スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早起き習慣

以前から、早起きは心がけていましたが、最近どうもさぼり気味。

前夜にお酒など飲むと、どうも二度寝してしまうようなことが多くなりました。

明日よりこころをいれかえて、再び早起きにチャレンジしたいと思います。

一日の始まりがスムースにいけば、その日一日がいい感じでいくような気がします。

早起きの目標はやっぱり5時より前。

まずは5時にはきっちり起きられるよう、気合をいれていきたいと思います。

明日の朝、早い時間に気持ちよく目覚めるにはなんといっても前夜が大切。

前夜=数時間前の食べ物、心理状態、体調などがもろに明日の目覚めにつながっていきます。

ということで、今日は風呂にゆったりつかり、ストレッチなどをして、早めに床につきたいと思います。

今回はちょっと本気です。
スポンサーサイト

年内習慣化チャレンジ

今年も早10月です。

秋も後半戦に入り、日に日に秋めいてきていますね。

平成20年、2008年も、もう残すところ3ヶ月をきりました。

自己啓発の本なんかによく書いてあります。

コップの水が半分入っていたら、「あと半分しかない」と思うのではなく、「まだ半分もある」と思えよ!

私もこれにならって、あと3ヶ月しかないけれど、まだ3ヶ月残されているので、この場を借りて、年内中にこれだけは習慣化したいということにチャレンジしていきたいと思います。

習慣化には、新たに加えたいもの(自分にとっていい習慣)は少しずつ、手放したい習慣(自分にとって悪習慣)はまとめて一気にやるのがいい、といわれたりします。

では、今回はどんな作戦でいくか?

私は自分に甘いタイプですので、継続には無理は禁物です。

「出来る範囲で少しずつ」、これが長続きさせるコツだと思っています。

そういうことで、対象項目をしぼり、徐々にやっていくこととしました。

(項目)

①毎朝5時起き(夜帰りが遅くなるなどしても基本的にこの時間に起きる)

②外で人と一緒のとき以外は禁酒(自宅や事務所でも来客時はOK)

とまずはしました。

現状は、①は前夜に遅くまで飲酒をするとまずこの時間に起きられていません。
知らぬ間に目覚ましを止めているなど、二度寝パターンにはまっています。

②は夕食時やパソコンでこのようなブログを書きながら、などたまに飲んでいました。

これらを本日より開始したいと思います。

目的は、早起きで健康的かつ生産的な生活リズムをつくることと、禁酒によって体調をととのえ、しらふによる活動時間を増やすこと(お付き合いは別でそれはそれで楽しみます)です。

一説によると、習慣化は3週間(21日間)続ければなされるということなので、まずは3週間達成に向け、実践してまいります。

随時、こちらで報告していきたいと思います。


話し相手のタイプ

人に話しをすると気持ちがすっきりしたり、前向きになれたり、新たなヒントを得られたりします。

そういうプラスの効果がある反面、話し相手のタイプや状況によってはマイナス面に傾くことも考えられます。

たとえば、グチ、悪口、不平不満などをお互いに言い合い、相乗効果で発言がどんどんエスカレートしていってしまうような場合。

話しはじめる前は、ちょっとこころに引っかかりがある程度だったのが、話しているうちに怒りや苛立ちのレベルが増していき、気づいたらものすごい言葉を連発している、なんてことが起こったりします。

このパターンで多いのは、会社の同僚と職場の人間(たとえば上司など)について話しをする状況があります。

とくにアルコールを飲みながらの会話は、エキサイトしがちで、腹のなかにたまっていたネガティブなものが、一気に妖怪化して出てくるようなイメージがあります。

そうやって、お構いなしに全部吐き出してすっきりするか、というと一概にそうだ、とは言えないようです。

もちろん、それでこころが軽くなって、「また明日から頑張るぞー」、とリフレッシュできる人もいるでしょう。

でも、あまりにひどい言葉が口から発せられ、怒りや苛立ちのレベルが必要以上に高められてしまったために、かえって気分が重くなり、嫌な気持ちになってしまった、ということもあると思います。

それに身体のだるさや頭の重さなどアルコールによる影響が加われば、なおのこと気分の低下は激しくなります。

ある事柄に意識を向ければ向けるほど、その存在が大きくなり、気になって仕方がなくなるということはあるものです。

ですから、話しをして、ますますそれが気になってくるのなら、いっそ話しをしない、そのことには触れないほうがいい場合もあると思います。

話しをして、「どっちでもいいか」、「まっいっか」と気楽に考えられるようになるのがいい話しの展開のような気がします。

話をする相手としては、一緒になって悪口を言い合って盛り上がってしまうタイプの人よりも、ただじっと話しに耳を傾けてくれるタイプか、話しをするうちに自然と前向き・楽観的な方向へ視点が切り変わっている、というようなタイプがいいように思います。

「じっと聴く派」では、はじめのうち、グチや不平不満などたまっているものを口にしていっても、相手が過度にのって来ることはないため発言がエスカレートすることはなく、次第に発言も気分も落ち着いてくるものです。

「楽観的タイプ」は、とかく重く深刻になりがちな気分を明るい方向へ導き、限定されがちな視野を拡大させてくれ、問題が大して気にならなくなってくる可能性があります。

まあ、このあたりは当然、お互いの相性もあって、状況によっても違ってくるため、一概にこうだとはいえませんが、話しをする相手による影響は大きく、停滞した状況にある方は一度話し相手を変えてみるのも面白いかもしれません。

個人的には、やっぱり否定的なことばかり言う人、あまりに現実的過ぎる人などと話しをするよりは、楽天家でちょっと無謀でも面白い、と乗っかってくれる人との会話のほうが気持ちも盛り上がって楽しいです。








カレンダー
09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

まるらっく

Author:まるらっく
メンタル&キャリアカウンセラーのつぶやきです。

リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。