スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聞き過ぎもよくない?

人の話を聞くことは、良好な人間関係をつくるひとつの強力な方法だといっていいと思います。

自分の話を親身になって、じっと聞いてくれる相手を「あいつはただ話を聞くだけだから嫌いだ」なんていう人はいないでしょう。

皆、自分の話がしたいし、話を聞いてくれる人を求めている、と思います。

話を聞いてくれる=理解して認めてくれている、大切に扱われている、などと感じられるからでしょう。

でも、とことん話を聞くことが、どんな場面でも絶対的に正しいか、というとそうでもないようです。

ある治療院の先生からこんなお話を聞きました。

「メンタル不調に陥っていた患者さんが毎日、治療にやってきていたが(身体の方で)、施術中にいろいろと話をしているうちにどんどん元気になっていった。でも、あるときから急に元気がなくなっていき、いまでは家でずっと休んでいるしかない状態になってしまった。変化のきっかけは、カウンセリングを受けたことらしい。」

この先生は、気さくで元気、明るくパワフルなお方で、患者さんにとても人気があります。

意識しているかどうかは別にして、先生のパワーをもらいに治療に来ている患者さんが多いように感じます。

口調はべらんめえ調で、ネガティブな空気を一気に追い払ってしまうような勢いがあります。

上記のメンタル不調の患者さんにも、ズバズバと思ったことを言っていたら、いつの間にか元気になっていた、ということでした。

きっと、暗い雰囲気を跳ね飛ばすようなポジティブ&パワフルな言葉をどんどんと浴びせかけたのでしょう。

それで、その人は元気になってしまった。

ところが、あるときカウンセリングを受けて一気に悪化してしまったといいます。

それはなぜか?

カウンセリングの基本は傾聴であると言われています。

とにかく、相手の話に耳を傾ける。

これはまずお互いの信頼関係をつくる上でも欠かせない、大切なことだと思います。

でも、過ぎるとよくないこともある。

たとえば、相手が「不安」という言葉を発したときに、それを相手が言った感じよりもさらに重く、深刻に「本当に不安ですよね~」なんて復唱したりすると、相手の不安感はさらに増して、気分も低下してくる、ということが考えられます。

まさに、負のループにはまる感じでしょうか。

そこを上記の先生のように、あっけらかんと「大丈夫、大丈夫、気にすんな!」なんて言われたら、その場ではすんなりと受け入れられなくても、どこかに安心感が生まれてくるような気がします。

類は友を呼ぶ、ではないですが、同じ波長のものが引き寄せ合うと言われていますから、重い話をしている人に重く対応していると相乗効果で重くなりまくるということが考えられます。

ある精神科医の先生もメンタル不調者にカウンセリングは逆効果、といったことを言われていました。(もちろん症状や程度によると思いますが)

ちょっとした心配事も、悲観的な人に相談したら「一時を争う深刻な事態」、楽観的な人に相談したら「笑っちゃえる事態」になるくらいの違いが出てくる気がします。

あとは同じ悲観的でも、自分よりかなりレベルが上の人を相談相手に選ぶといいかもしれません。

話をしているうちに、「いやそこまではあり得ないでしょう」、と相手の予想する最悪の事態と自分の考えるそれとのギャップに、かえって自分の状況を楽観的にとらえられるようになる可能性があります。

では、楽観的が必ずいいかというとこれもそんなことはいえないと思います。

やはり人のタイプや時と場合などいろいろな条件によって変わってくるでしょう。

何事も過ぎるのではなく、ほどほどがいいということでしょうか。


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

まるらっく

Author:まるらっく
メンタル&キャリアカウンセラーのつぶやきです。

リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。