スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腹を割る

「腹を割る」という言葉。

辞書によると、「いっさい隠しだてをしないで本心を打ち明ける。真意を明らかにする。」ということです。

昨日、仕事の打ち合わせでご一緒したお二人がまさにそんな感じで話をされていました。

うーん、すばらしいなあ、いい関係だなあ、と思いました。

この言葉、「一度、腹を割って、話をしよう」というような形で使われ、思っていること(腹の中にたまっているもの?)をすべて出して、ぶつけあった上で、お互いにとっていい方向を見出していきたい・・・。

そんな状況でよく出てくるフレーズだと思います。

でも、言葉でいうのは簡単ですが、これを実際にやるとなると、なかなか難しいように感じます。

まず、絶対条件としてお互いの信頼関係が出来ているかどうか、これが最大のポイントだと思います。

この人になら、本音をぶつけても大丈夫だ、受け止めてもらえる、という信頼感がなければ、とても思っていることを全部伝えるなんてことは出来ません。

何か伝えても、それをすべて否定されたり、怒られたり、関係を切られたりするのでは、いくら相手から、どんどん意見してと言われていても、当然何も言えません。

そして、最近はそういう関係が増えてきているようです。

友人同士でも遠慮がちで、決して一線を越えるような発言はしない。深いところには立ち入らない。

上司、部下の関係でも、お互い遠慮がちとなって、人対人の関係というよりは、あくまでもビジネス上の付き合いという感じになってきているように感じます。

友達でも仕事でも、何か言われた相手は、その関係をきっておしまい、ということも増えてきているようです。

そうすると、腹のなかに次第に悪いものがためこまれていって、ついにはメンタル不調へ、という流れもあるように感じます。

何でも言い合える信頼関係をつくる一番の方法は、やはり対話ではないかと思います。

対話をとおして、信頼関係をつくり、その上で思っていることを伝え合う。

言いたいことを言い合うと、ときにはケンカになったり、ムカムカしたりもしますが、他では得られない何かを得ることができるような気がします。

そういう関係はとても貴重だと思います。

自分にも何人かそういう仲間がいて、頭にもくるけれど、やっぱりありがたいなあ、と日々感謝しています。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

まるらっく

Author:まるらっく
メンタル&キャリアカウンセラーのつぶやきです。

リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。